企画型タイプの注文住宅

一から自分で決めて家を造るのが難しい時に

注文住宅を建てると決めていても、突然どんな家にするか決めてくださいと言われても困惑してしまいますよね。事前にどういった家を建てるか家族で話し合っていても、その要望全てが通るのかは、建築家の方と相談していかなければ分からないことも。また、要望が通っても、いざ生活し始めると快適さが失われてもったいなさを感じることもあります。プロの方と相談しながらでも、専門の知識がないまま注文住宅を建てることが不安だという方に嬉しいのが企画型の注文住宅です。 セミオーダー住宅とも呼ばれており、ハウスメーカーが用意しているプランや間取りを組み合わせていきながら、自分の理想とする家を造っていく方法です。なので、一からすべてを自分で決める手間をはぶきながらも、自由に住宅の間取りや設備を決めていくことができます。

ニーズに合わせたカスタムメイドのできる住宅

ライフスタイルに合わせた間取りや、開放感ある室内を造りたいという要望を叶えてくれる注文住宅。企画型のものは決められた範囲の中でしか設備や間取りを選ぶことができないことから、注文住宅の魅力である自由度がなくなっていると考えられるかもしれませんが、そんなことはありません。機能性を重視した設備だけでなく、間取りの種類も多くなっているため、選択肢も年々増えています。外装材や開口部などの細かい場所まで種類を選んで決めていくことができるので、自分のこだわりや外せない要望も叶えることができます。

耐震性や断熱性といった機能にも優れた素材を選ぶこともできるため、住宅の劣化をできるだけ防げます。一からすべてを考えて家を建てるフルオーダーの注文住宅に比べると、企画型の注文住宅のほうがコストパフォーマンスも良く、費用を抑えることもできるので、決まった費用の内に収めたい時にも嬉しい住宅となっています。