セミオーダータイプの注文住宅

セミオーダータイプの注文住宅が生まれた背景と特徴

自分が住みたい家を忠実に実現できるのが、フルオーダータイプの注文住宅の強みです。フルオーダーは、すべての家の要素を選ぶ必要があるため、施主側に豊富な知識が求められます。施主側の知識の不足を補ったり、負担を軽減するために生まれたのが、セミオーダータイプの注文住宅です。セミオーダータイプの注文住宅の特徴は、建物の構造にあたる木材や断熱材など、建設のプロの方が適切に判断できる部分は、あらかじめ注文住宅メーカーによって決められていて、その他の部分を施主の希望に添って建てていきます。セミオーダーの注文住宅を提供しているメーカーは、過去の実績とともにプラン例を複数提示していることも多いため、自分のイメージに近い家を建てることができます。

セミオーダータイプの注文住宅のメリットとデメリット

セミオーダータイプの注文住宅のメリットの一つは、建物の大枠の部分がすでに決まっているため、予算が立てやすいことにあります。住宅メーカー側が提案やアドバイスをしてくれるので、施主側は選択肢の中から設備やデザイン、色などを選ぶ作業をすれば住宅が完成します。そのため、打ち合わせの心理的、時間的な負担がさほどありません。

セミオーダータイプの注文住宅のデメリットは、フルオーダーに比べて自由度が限られる点にあります。完成までの時間が長いため、その間に次々にこだわりを持ち始めて変更を加えていくと、コストが知らず知らずのうちに上がっていくこともあります。また、完成した時の建物のイメージが付きにくいため、自分の選択が正しいかどうか、出来上がるまでわからないこともデメリットの一つです。